ブログトップ

ヒマたびブログ ~いつまでたっても出戻り~

himatabi03.exblog.jp

毎度変わらずボチボチとやっております。念のためですが、画像の流用はおことわりします。

タグ:普通・快速列車 ( 102 ) タグの人気記事

草臥れてるような感じ。
でも、長野界隈に行くとこの色は落ち着く。
逆にしなの鉄道色は撮影するのに億劫な色。


c0299025_33237.jpg



しなの鉄道に移籍してからの撮りは初めて。
何気ない撮りは積み重ねで化けるもの。


2017.4.14. 撮影



第二弾は湘南色だそうですが。
いや、それは違うと思うな。
何よりどういう色になるか想像がついてしまうのがホンマに残念なんですよ、しなの鉄道さん。
まずは115系という性質を理解したほうがいい。第3弾も大方想像できてしまうのは非常に残念。

ピントをずらしたほうがいいというのは少数意見かもしれませんが、であるならば
コカ・コーラ広告電車こそ次の塗色変更に相応しいのですよ。
[PR]
by himajin-tabiton | 2017-04-26 03:34 | Comments(0)
沿線は地元とおしき同業者がちらほら。
一応交換があるから、何が来るかを見ると115系でした。


c0299025_13473287.jpg



本来であれば115系の運用ではないような気がするんですが・・・
取り敢えずは光線目を重視して湘南色を諦める戦術。
綺麗な光線は確保するのがベターですもの。


2017.4.15. 撮影
[PR]
by himajin-tabiton | 2017-04-23 00:43 | Comments(0)
115系N40を見たままにしておいて向かった先は青海川。
いくら485系が走っていても此処には行く意欲が全くなくて。
完全に終わってから、立ち位置を決める。


c0299025_13344221.jpg



E653系 快速 高田お花見号
2017.4.15. 撮影


この時期での光線はやはり厳しかったようで、曇って何より。
数人しかいないから、やたらに集まる「ピント」をずらしてしまえばいいんです。
[PR]
by himajin-tabiton | 2017-04-22 13:37 | Comments(0)
F19を撮った後、高速で黒姫界隈でS7のロケハン。
画としては不成立でしたが、感じは一応掴みました。


ツイッター検索から115系N3編成の動向を観察してると、深夜に吉田に入りそうな空気。
下道をチンタラ移動しながら、仮眠しながら吉田に到着。
既に停泊していたのが湘南色N40だったので、もしやと思ったけれどそううまくはいかなかった。


どうしようかと途方に暮れてると、どうもN3編成は摂田屋蔵開き号に入るとの事。
情弱なんてそんなもんですが、奇しくもダイヤ情報はこの辺ではまだ発売してない。
全く知らん状況で辛うじて運用を掴むのもアレですが、このくらいが丁度いい。
やはり現場主義なれど、必要以上の情報は変な気を起こす時だってある。
場合によっては知らんほうが幸せなんですよ、この世の中は。


c0299025_21285134.jpg



うちは雨粒が見える画が好き。
生憎の雨に花を添えるような気がするんで。


2017.4.15. 撮影
[PR]
by himajin-tabiton | 2017-04-20 21:31 | Comments(0)
初代長野色の復活。
個人的には169系のほうがしっくりくるんですが、これを纏った115系はやはりアツい。
シングルアームでないパンタグラフもベストチョイス。
そして登場してから約1週間という色艶。まさに命を感じるのです。


c0299025_2065448.jpg



黒姫山バックでも撮りましたが、幌が付かない直江津方からの撮りがベストだと考えます。
通い慣れた現場ですが、晴れ舞台は徹底的に調べ上げました。
この現場の旬はここ数週間の早朝程度の話になってきますわな。


2017.4.14. 撮影
[PR]
by himajin-tabiton | 2017-04-19 00:59 | Comments(0)
今からさかのぼること2年前の1月連休最終日、徳島ばかり通ってた帰りにふらっと立ち寄ったのが和歌山線。
南海フェリーではなく淡路島から大回りして、モノは試しで行ったはいいんですが105系の
ラッピング車を撮り逃がす失態を犯す。


c0299025_2050922.jpg



4月に入った頃、近鉄絡みの団体があるということで時間を作るついでに和歌山線の展開を
しようではないか。で、目星をつけてた所で現れたのが今は無き「春日色重連」。
たまたま行って偶然を射止めてしまうと、気を良くしたのか次はラッピング狙いで、
次は117系狙いで、挙句の果てには南海と徐々に術中に嵌ってしまったわけです。


それもそうですが、この辺には酷道のオンパレードでもあるので、国道371号の高野山越え→
龍神温泉。水曜どうでしょうの企画「原付日本列島制覇」のルートを辿れば、その先には
最凶酷道3本の指に入る国道425号・牛廻越が控えるという布陣。

c0299025_20415453.jpg

もちろん白谷トンネルも抜けたり(十津川よりにある425入口の矢印も案外有名)

c0299025_20433468.jpg

国道309号熊野街道側

c0299025_20444848.jpg

国道309号・シャッターがある行者還トンネル(冬季閉鎖)も走破したり。

c0299025_20451542.jpg

奈良・和歌山県道735号も走ったりと





何がそうさせたのか。


やはり行軍に外せない便利な道が出来たからこそ、心血を注げるわけで。
国道23~1~名阪国道~天理市内下道~京奈和自動車道という無料ルートが組成され、3時間以
内で行けるとなれば自ずと開拓もしたくなるもの。

西名阪・天理~郡山の1区間は手前で降りて下道で躱せるし、国道24号・橿原市内の信号渋滞を躱し、京奈和道未開通区間の御所南~五条北間の下道(国道24・309号の交わる室交差点がボトルネック)も躱す、それも深夜~夜明けに躱す。

結構楽しむことが出来ました。これで1諭吉でお釣りが出るリーズナブルのもグッド。
流石に酷道巡りともなると銭もかかるもんですが、そんなことはプライスレス。


c0299025_20535548.jpg



c0299025_2114345.jpg



c0299025_2153580.jpg



今回開通した区間は阪和道と直結するため、有料区間があるのは残念です。
とはいえど、名古屋~和歌山は別にカネがかかる高速だけじゃなくても行けるというのは実に
ありがたいです。和歌山線を走る列車が「単色化」されたのはかなりの痛手ですが、
言い方を変えれば「スカイブルーに似た103系のような地下鉄顔」が走る最後の楽園。


派手さはなくともこれもまた「国鉄型」。
のどかな空気を味わえる和歌山線界隈にぜひお越しいただきたいと切に願います。





そろそろ在庫が欲しいなと感じる今日この頃。
困ったことにそういうことに関しては「浮気性」がある小生・・・
[PR]
by himajin-tabiton | 2017-03-22 21:11 | Comments(0)
c0299025_14204336.jpg



本来は貨物がメインでしたが、ついで撮り。
311系8連目3連チャンの8時代が改正後も残ったそうで。
そのトップバッター、特別快速浜松ゆきはやはりJR第一世代の華。


2017.3.18. 撮影


そして、まだ小寒い弥生の晴れ間。
陽炎に悩まされることもないため、行っておいてよかったと。
[PR]
by himajin-tabiton | 2017-03-18 14:24 | Comments(0)
じゃあうちみたいに「背景の鉄塔を隠して目立たないようにする」って手は使わないのか。


c0299025_2112180.jpg



そもそも面串がダメって言うんなら、電車でなく気動車でも撮ったほうがいい。
そんなつまらんことでダメダメ言ってては何も撮れなくなるんだけどねぇ。
[PR]
by himajin-tabiton | 2017-01-30 21:53 | Comments(0)
瑞風は低い雲に押されてしまいましたが


c0299025_6583184.jpg



此方は綺麗な光線。
左は一応臨時列車だそうで・・・


天空の城 竹田城址号×こうのとり18号
2016.11.22. 撮影
[PR]
by himajin-tabiton | 2016-11-30 07:01 | Comments(0)
2016年9月3日。

関西では「サロンカーおわら」なるものが走ったそうですが、全く興味がないどころか
1日運転日を間違えてしまうほど。

昨今の動きを見ていると、電車に食指が向くのは昔ながらなれど105系が走る和歌山線
に幾度となく通うようになる。目先しか見えない人間が集まる「なにわ」はどうも
好きになれない。そうなると次に照準を合わせるとこんな答えが返ってくるのです。


c0299025_20232967.jpg



阪和線・大阪環状線などで走る103系も「無くなるから」集まる。
逆に置き換えの計画が全くない103系を撮るとなれば加古川線に行ってしまうのです。
隙を突けば突くほど、同業者は来ないモノなんですよ。


とは言え、此処の立ち位置は今一度検討する余地はありそうですが・・・
[PR]
by himajin-tabiton | 2016-09-05 20:31 | Comments(0)

by himajin-tabiton