ブログトップ

ヒマたびブログ ~いつまでたっても出戻り~

himatabi03.exblog.jp

毎度変わらずボチボチとやっております。念のためですが、画像の流用はおことわりします。

タグ:酷道巡り ( 17 ) タグの人気記事

とあるサイトに矢筈トンネルについて紹介されてて、道路行政の闇だか何だか訳の分からんことを抜かしてたようだが、敢えて酷道・険道を巡る身からすれば、なんて小馬鹿にした失礼な記事なんだろうかと。


c0299025_21322565.jpg



今は飯田市になった上村にある、三遠南信自動車道の矢筈トンネル。
このトンネルの弱点は人・自転車や軽車両は通行できない。
うちが通ったのはもう15年も前になるのだろうか、何でこんなところに立派なトンネルが出来たのか?

開通して23年。過疎化は進み、飯田市に編入されてもこのトンネルがあれば喬木村を通って飯田市に抜ける唯一のルート。当然ながら路線バスも1日3往復このトンネルを使ってるわけで。


矢筈トンネルを通ったら、流浪の旅をしている身からすればその旧道を通らない訳にはいかないな。


c0299025_2142383.jpg

長野県道251号上飯田線


実は前回矢筈トンネルは通ったものの、上飯田線は通行止めというオチ。
折角なんで通ってみようということで、早速この画像からスイフト2台とすれ違った。
しかし、その先は落石が当たり前の15キロ。


c0299025_21473141.jpg


c0299025_2149279.jpg



当然ながらその後すれ違うクルマなぞない。
赤石峠の札の先にあるのは1車線の赤石トンネル。


c0299025_21533233.jpg



薄暗い入口に佇む渇望をその筆者は見ているのだろうか?
矢筈トンネルが開通するまで、飯田市内中心部に抜けるルートは此処だけしかなかったのに。
がけ崩れもさることながら、この県道はこのトンネルの区間を含めて冬季閉鎖もあるわけだ。
矢筈トンネルの重要性はそこにあるんだよ。
だから敢えて言おう、その筆者は相当のアホなんだよ。

どれだけ命を懸けて救急車が通ってきたのか?
パトカーが巡回できたのか?

矢筈トンネルがなかった時に赤石トンネルが通行止だったら、飯田に抜けるのにかなり遠回りをしなければならなかった現実。徒歩や自転車はこの赤石峠使って暗いトンネルを抜けなければならないわけですから(そんなモノ好きはいないだろうが)。


今回は浜松市から国道152号で上がったわけですが、やはり三遠南信自動車道の必要性を感じてしまうのですよ。

http://tikatank.info/

この法律が出来た途端、辺境の地にあるガソリンスタンドの危機が囁かれるわけですよ。
コンビニも重要ですが、過疎に悩む山間にあるものが無くなるというのがいたたまれない。
自販機でさえありがたいと思えてしまう。
ですが地域のスーパーを見ると、井戸端会議があったりするわけで・・・久しぶりにそんな光景を見て懐かしくも感じるのでありました。


残念なのは喬木インターの先は橋脚の補修工事はやってても、飯喬道路に繋げる工事は全くやってなかったこと。この先の工事~開通は悲願なんでしょうね・・・


2017.7.15. 撮影
[PR]
by himajin-tabiton | 2017-07-21 22:13 | Comments(0)
c0299025_21003394.jpg


浜松で撮り稼業。
そこから先は何も決めてない流浪の旅。

6627が明日朝上京するんだってねぇ。
どうぞ熱田にでも下地にも行って来てください。
阿鼻叫喚を味わうくらいなら、自ら行き先すら決めない旅をしたほうがよっぽど楽しい。


気骨のある険道はゾクゾクさせられる。
安全運転で帰投してやるぞ。



[PR]
by himajin-tabiton | 2017-07-15 20:59 | Comments(0)
c0299025_21314229.jpg



冠山峠トンネル工事が進む中、初めて入った林道塚線。
すれ違いのクルマはなく、カモシカとすれ違い。


たまにはいいもんです、林道行軍


2017.6.17. 撮影
[PR]
by himajin-tabiton | 2017-06-17 21:34 | Comments(0)
最近某スイーツ屋さんがあるところは田舎とかいうデタラメな話が出ましたね。
これを発した人間はアホ。単に自らの優越感に浸りたいだけの愚かさ。


取り敢えずこの画を出してみましょう。


c0299025_20402867.jpg



長野県道406号・長野市山田中二ツ石



この日青海川から高速で帰る途中、フッと思いつきで戸隠神社脇のとある蕎麦屋で遅い昼食を取ったわけですよ。で、此処からどうやって高速に舞い戻ったのか。

私ね、長野市や塩尻~松本市を貫く片側1車線の国道18、19号が大っキライなのよ。
片側1車線にやたらとあるロードサイド店舗が諸悪の根源。
片1の車線にそんなもん作ったら、下らん店に入る輩が右折するのに渋滞を引き起こすのだよ。
中には店がすまなさそうに出した右折ご遠慮くださいとかいう看板を無視する輩もいる。
そしてイオンモールなんてバカなものを国道沿いに作るから、不必要な渋滞を引き起こす(例として奈良県大和郡山や大和高田の国道24号)。


こういう道路こそ田舎の発想。


長野県をバカにするつもりは毛頭御座いません。
両親の実家も長野県にあるから、思い入れは強いんですよ。
でもね、飯山市も残念ながら国道117号沿い市内中心部手前にロードサイド店舗があるから不要な渋滞が起きている。当然、GWは阿鼻叫喚ですよ。そうなれば山側を使って回避する手段を考えてしまうでしょう?

青海川に近い新潟県柏崎市もこういうパターン。こういうのはあちこちあるんでしょうが。
通過交通がロードサイド店舗のせいで渋滞を喰らうことこそ田舎なのですよ。



戸隠神社から長野市中心部は善光寺、長野駅、そして国道18号。信号だらけの難関を相当なストレスを溜めこんでいくわけですわな。そんなことをするくらいなら、峠伝いに県道76号~国道406~県道406で安茂里界隈迄抜けたほうがいい。歩行者や対向車もそんなにないのも当然、結局安曇野インター近くまで下道行軍するわけですよ。


市街地に休憩できるスペースありますか?
道の駅はありますか?
途中1時間寝てもそこは駐車できるスペース。


これ、結構重要なんですよ。
嘘だと思ったら、「奈良井川の堤防」と塩尻~松本を国道19号で真昼間に走ってごらんなさい。
松本にイオンモールが出来ると知ってホンマにがっかりです。


2017.4.16. 撮影
[PR]
by himajin-tabiton | 2017-05-03 00:34 | Comments(0)
今からさかのぼること2年前の1月連休最終日、徳島ばかり通ってた帰りにふらっと立ち寄ったのが和歌山線。
南海フェリーではなく淡路島から大回りして、モノは試しで行ったはいいんですが105系の
ラッピング車を撮り逃がす失態を犯す。


c0299025_2050922.jpg



4月に入った頃、近鉄絡みの団体があるということで時間を作るついでに和歌山線の展開を
しようではないか。で、目星をつけてた所で現れたのが今は無き「春日色重連」。
たまたま行って偶然を射止めてしまうと、気を良くしたのか次はラッピング狙いで、
次は117系狙いで、挙句の果てには南海と徐々に術中に嵌ってしまったわけです。


それもそうですが、この辺には酷道のオンパレードでもあるので、国道371号の高野山越え→
龍神温泉。水曜どうでしょうの企画「原付日本列島制覇」のルートを辿れば、その先には
最凶酷道3本の指に入る国道425号・牛廻越が控えるという布陣。

c0299025_20415453.jpg

もちろん白谷トンネルも抜けたり(十津川よりにある425入口の矢印も案外有名)

c0299025_20433468.jpg

国道309号熊野街道側

c0299025_20444848.jpg

国道309号・シャッターがある行者還トンネル(冬季閉鎖)も走破したり。

c0299025_20451542.jpg

奈良・和歌山県道735号も走ったりと





何がそうさせたのか。


やはり行軍に外せない便利な道が出来たからこそ、心血を注げるわけで。
国道23~1~名阪国道~天理市内下道~京奈和自動車道という無料ルートが組成され、3時間以
内で行けるとなれば自ずと開拓もしたくなるもの。

西名阪・天理~郡山の1区間は手前で降りて下道で躱せるし、国道24号・橿原市内の信号渋滞を躱し、京奈和道未開通区間の御所南~五条北間の下道(国道24・309号の交わる室交差点がボトルネック)も躱す、それも深夜~夜明けに躱す。

結構楽しむことが出来ました。これで1諭吉でお釣りが出るリーズナブルのもグッド。
流石に酷道巡りともなると銭もかかるもんですが、そんなことはプライスレス。


c0299025_20535548.jpg



c0299025_2114345.jpg



c0299025_2153580.jpg



今回開通した区間は阪和道と直結するため、有料区間があるのは残念です。
とはいえど、名古屋~和歌山は別にカネがかかる高速だけじゃなくても行けるというのは実に
ありがたいです。和歌山線を走る列車が「単色化」されたのはかなりの痛手ですが、
言い方を変えれば「スカイブルーに似た103系のような地下鉄顔」が走る最後の楽園。


派手さはなくともこれもまた「国鉄型」。
のどかな空気を味わえる和歌山線界隈にぜひお越しいただきたいと切に願います。





そろそろ在庫が欲しいなと感じる今日この頃。
困ったことにそういうことに関しては「浮気性」がある小生・・・
[PR]
by himajin-tabiton | 2017-03-22 21:11 | Comments(0)
大阪府道・兵庫県道601号杉生能勢線。

c0299025_19534122.jpg


たった6キロの道に隠れたワクワク感。
分岐点の雰囲気も何故か心地よいのです。

c0299025_1955796.jpg


府県境が峠ではなく、分岐点から先がちょっとした峠。
意外にもこういうケースは稀だったりする。


あっという間に終わってもこの道はいとおしくも感じる今日この頃。


2016.10.9. 撮影
[PR]
by himajin-tabiton | 2016-10-23 19:57 | Comments(0)
国道425号、牛廻越を走ってみました。

ドン曇りじゃ撮影も退屈になってしまうので、急転直下で突撃。
とは言えど、御所から橋本に向かうのはともかく、高野山を抜けて護摩壇山を越えるのも一苦労。
今回は流石に橋本→高野山は国道371号を使いませんでした。

高野山にあるコンビニすら素通りし、道の駅龍神でも食事はなし。
待望の牛廻越ですが、前回は通行止めを喰らってしまいその下の県道735号・引牛越を通りました。


c0299025_5434781.jpg

前回はここで断念

c0299025_5445161.jpg

此方が龍神側の入口

c0299025_5461225.jpg

これは名刺代わり

c0299025_5482696.jpg

おにぎりもこうなります

c0299025_5494614.jpg

もうそろそろ崩れ落ちるんじゃろうか?

c0299025_5511633.jpg

落石注意と言われても・・・

c0299025_5523497.jpg

小さい崩れはこの区域では十八番

c0299025_5535018.jpg

即席の洗い越しになってるような損壊

c0299025_61878.jpg



そして牛廻越到着。和歌山県側は何時でも通行止にするぞというような感じ。
携帯も通じない、通る車と言えば酷道マニアくらいなもの。
でもね、通れるチャンスがあるなら行ってしまわないと何時通行止めになるかわからない。
国道425号自体、全区間通れる機会すら殆どないわけで。
[PR]
by himajin-tabiton | 2016-05-30 06:10 | Comments(0)
酷道巡りもやりたかったけど、只見線に取られてしまいました。
帰り道の国道117号がお盆帰りのクルマで断続渋滞。

折角なんで行ってみる・・・というより今年の2月に行ってたんですが、冬季閉鎖。
リベンジということで入ってみると、狭路酷道区間に現れた3つ穴トンネル、「鷹ノ巣トンネル」。


c0299025_1845846.jpg



対向車はそんなにありません・・・


2015.8.15. 撮影
[PR]
by himajin-tabiton | 2015-08-23 00:56 | Comments(0)
長野から帰る行軍でしたが、単純に帰るだけじゃ面白くないので権兵衛峠に行ってみました。
木曽~伊那を抜ける国道361号、1度だけ権兵衛峠は通ったことあるんですが。

権兵衛峠道路が完成してからというもの、この道には随分お世話になっておりまして。
ただ、峠は随分御無沙汰しておりました。
そもそも、通行止めがずーっと続いているので期待はしてませんでした。

南箕輪村界隈がダメみたいですが、随分ほったらかしにされてますね・・・


c0299025_2032088.jpg


権兵衛峠側ですが、ビックリしたのは此処にクルマが居たこと。
独りで居るにはいい場所かもしれませんね。

c0299025_2045747.jpg


伊那側は、道もへろへろになっておりました。
この行軍のおかげで帰宅が遅れてしまってのう~


2015.6.27. 撮影
[PR]
by himajin-tabiton | 2015-07-30 20:07 | Comments(0)
和歌山・中紀からの帰路途中、チラッと見つけた177の文字。
南から北上する途中で、酷道・険道マニアとしては走破できると。

いやいや、撮りをさせてくれないほど『超』悪路に絶句。
すれ違い以前に小石、落石のオンパレード。
何時になったら出れるんや・・・


やっとの思いで下った先に『通行止』の看板。
そりゃそうでしょう。ところが、南側にはそんな看板はないやん・・・
それを夜に行く命知らずがここに居まして。


c0299025_1439507.jpg



これを撮ってようやく落ち着きました。




2015.4.25. 撮影



間違いなく5本の指に入る険道です。
[PR]
by himajin-tabiton | 2015-04-28 00:33 | Comments(2)

by himajin-tabiton