ブログトップ

ヒマたびブログ ~いつまでたっても出戻り~

himatabi03.exblog.jp

毎度変わらずボチボチとやっております。念のためですが、画像の流用はおことわりします。

敢えて出してなかったエコパ

NEWS看板車のお話が続きます。

ガイシの条件は場所もしょうがないとはいえダメ。
そうなることも想定した上で、静岡・エコパ迄行軍しておりました。
兎に角、この立ち位置はベストでしたね。
4方向からブツ撮りが出来る条件は中々ない。


c0299025_06343849.jpg

















c0299025_06350447.jpg















朝が綺麗でも、夜には敵わない時もある。

いくら条件が良くても、わざわざガイシに向かった理由がわかるでしょう。
朝の画もいいけれど、苦労してでもマーカー画が欲しいんですよ。
このオレンジのトラックにも個人的に思い入れが強い。


c0299025_06475978.jpg


















c0299025_06482408.jpg


















知り合いさんや現場に居合わせた子連れのファンの動き、所作を見ていると、
数メートルでも、数センチでも、数ミリでも近づきたいんだろうなと。
そして人のいない時を狙う人が群を抜いて多い。

物販の出口に看板車を置くのはあまり感心できない。
安全というのは大事かもしれませんが、あの配置はうちに言わせれば誰に対しての安全なのか?
人を滞留させずにキチンと動線を引くことこそ安全ですよ。
ファンはきちんと記念写真を撮りたいんだから、同じ場所に置くべきだろうと。
それと、片方に柵をする行為もチグハグで全くダメ。



敢えてファンに苦言を申すのであれば、むやみにトラックに触らないこと。
そうするから柵が出来るわけで。
かつて関ジャニ∞看板車でドン引きする行為があったのを見てましてね。
そのあたりから柵が出てきたような感じがします。


あの時は本人さんたちの好意で看板車に落書きしてもいいっていうことだったんでしょうが。
それは柄だけであって、ヘッドや柄が入ってないところにまで書き殴ってあるわけですよ。
挙句の果てには、女子高生がヘッドの梯子に上がって書いてやがる、パンツ丸出しで。
モノには限度があるんだよ・・・廃車寸前のバスに落書きを書くお絵かきバスじゃないんだから。







[PR]
by himajin-tabiton | 2018-05-13 07:06 | Comments(0)