人気ブログランキング |
ブログトップ

ヒマたびブログ ~いつまでたっても出戻り~

himatabi03.exblog.jp

毎度変わらずボチボチとやっております。念のためですが、画像の流用はおことわりします。

タグ:貨物 ( 151 ) タグの人気記事

近所を回って天気の怖さを嫌と云うほど思い知り、ようやく晴れた関谷。
1コマ1コマ書いてみます。


c0299025_08452160.jpg















まず1枚目はトリミング。2枚目よりは暗めで右の電柱をカット。

c0299025_08475284.jpg















次のカットも少々トリミング。右電柱は気になるけど妥協線。
DD51背後の2つの鉄塔は完全には躱せないね。
カツカツすぎる画は後で何も出来ないから、ネットに出すにも紙に出すにも、左右には余裕を入れる
傾向があります(条件は異なりますが)。

c0299025_09103460.jpg















次のカットはトリミングなし。ノートリミングでバランス的にはこれにしたかった。
しかしDD51の正面は3つあると考えてます。DD51 1028の正面、その背後の手摺後ろの小さな長方形区画。
そしてコックピットの縦部分。真横の影が徐々に近づき、3つ目の正面での「ひっかけ影」。
これが意外と目立つんですよね・・・これはどうしようもない。

c0299025_09262671.jpg















これが最後、こちらもトリミングなし。ひっかけ影はまだ尾を引いてましたが背後鉄塔は躱しました。
右手摺と電柱は何となく誤魔化せましたが、更にその右にはちょこっとだけ鉄塔が写ってます。
これも誤魔化したかったんですけどね・・・


随分考えが変わりました。決めたい位置で撮りたいという欲望には必ずリスクが付きまとう。
被写体に対して必要以上に研究し、余裕を持ってしまう自分がいました。
昔はトリミングは邪道と思ってましたが、臨機応変に対応したほうがストレスが溜まらなくなりました。


よくツイッター上に通過直後のご自慢画像があがってますよね。
それは大いに結構ですが、紙に焼けますか?って聞いてみたい。
引き算も度を越すとヒドい目に合いますからねぇ・・・
ちょっと前まではDD51背後の鉄塔や29.2キロポストを何とか消そうと必死こいてましたが、
全部を消すのは無理だってこともようやく理解できました。


2019.5.24. 撮影


by himajin-tabiton | 2019-05-26 09:44 | Comments(0)
・・・ではなく「午後には何時もの風が吹く」ですね。


c0299025_00261218.jpg

















何時もこの辺は午後には風が吹く。今日は大丈夫かなと考えてたら30分前になると
出てくる。そういうもんです。


思い出しちゃったよ、LINDBERG。
もう22年前か、懐かしいな。


2019.5.23. 撮影


by himajin-tabiton | 2019-05-24 00:31 | Comments(0)
自宅から50キロもないところ。
昔は貨車をやっていた時期もありましたが、西濃鉄道の展開は久しぶり。


c0299025_11263183.jpg
















そして、DD403が北上する姿は初めて見ました。
前回はDE10 501が牽く姿を撮影してましたが、年季の入ったボディが斜光に輝く姿。

距離は短くとも、専用線の輝きは全く失っていない。
GW真っ只中の早朝、ほかに撮影者のいない優越感もこの眼に留めることができる幸せを。

2019.5.4. 撮影


by himajin-tabiton | 2019-05-13 11:33 | Comments(0)
2084の前、8075が下るメイン戦。
それなりに同業者は居たんですが、麦の位置には全く居ない。
水が張った田んぼのほうがむしろ多かった。


でも風が強かったね。


c0299025_09095171.jpg
















麦の様子を見て即決と相成りました。
編成が短くなっているのも決まり手になりつつありますが。
これから奥に入って麦を入れずに圧縮させると編成表現が暗くなってしまう。

翌日チラッと覗くと、この立ち位置には前日の倍以上の同業者が来てました。
でも美味しいのは前日だって気付く人はそんなに居なかった。


まぁそういうことです。


2019.5.7. 撮影






by himajin-tabiton | 2019-05-09 08:57 | Comments(0)
モトを撮った後近くのお立ち台に向かいましたが、賑わっていたので取りやめました。
結局地元に回帰する理由。


c0299025_07204133.jpg


















定番位置は撮れるチャンスがあっても、麦は私を待ってくれません。
2週間であっという間に変わりますからね。


2019.5.7. 撮影


何より、関田踏切南側で8075、2084がすれ違うので、2084はほぼ犠牲になってしまう。
季節を射止めるための臨機応変な動きが求められます。

by himajin-tabiton | 2019-05-08 07:27 | Comments(0)
そう思ってましたが、そんな考えは愚かだということを知った今日この頃。


c0299025_19225803.jpg


















アイディア一つで描けるものがありました。



2019.4.22. 撮影


by himajin-tabiton | 2019-04-22 19:24 | Comments(0)
ちょっと遠出が出来ない状況下に置かれてます。


c0299025_11461188.jpg


















それ相応で愉しむ知恵が必要ですね。


2019.4.12. 撮影

by himajin-tabiton | 2019-04-13 11:46 | Comments(0)
サイドを描くことに重点を置いてみました。


c0299025_18362995.jpg


















DDとDFのJRFマークも描きたいしね。




2019.4.5. 撮影

by himajin-tabiton | 2019-04-05 18:40 | Comments(0)
地元だからこそ雲の流れを最後まで読めるのはありがたい。


c0299025_19573810.jpg


















前述しましたが、三重県で8075を撮るのはかなりの鬼門になってるようですね。
低い雲とPMがその「時間だけ」勝ってしまう。必ず勝つ博打を打つのがこの稼業ですから、出来得る手は尽くして行きたいと考えてます。

三重のその立ち位置を調べてみると、改正後の個人見解で3勝11敗1不明という散々たるデータが出てきました。
溜息が出ます・・・4年前に嵌った時は勝率もそんなに悪くなかったとみてますが。




2019.4.2. 撮影

by himajin-tabiton | 2019-04-03 00:54 | Comments(0)

c0299025_12551771.jpg


















DE10 1557は、JR貨物におけるDE10最終全検車両。
名古屋港線名物デーテンキヤ牽引の光景も何時までか。


永遠には続かないという現実。
でも、内心また1557か・・・とも思いますけどね。


2019.4.2. 撮影

by himajin-tabiton | 2019-04-02 13:00 | Comments(0)